剛毛タイプの癖毛

一番の身体のコンプレックスは、剛毛な癖毛です。
癖毛風ヘアや、癖毛をいかした髪型など憧れのように書かれていることがありますが、剛毛タイプの癖毛の人は全く該当しません。
癖毛風ヘアなどと憧れるのは、毛量が少なめで、柔らかい白人の人のような髪質の人だけです。
どちらかというと、黒人ような髪質の硬くて量が多い人は、癖毛風の髪型どころか、ダウンスタイルがまず難しいです。
わたしの髪質も硬くて量の多い癖毛なので、まず美容院に行くのがとても嫌です。
なぜならば、ドライヤーで乾かしているうちにアフロ犬のように、まんまるになってしまうからです。
ブローをしてもらうのも酷だし、そもそも出来るわけないので、結んで帰ると早めに伝えます。
また、まんまるになっていくのがすごく恥ずかしく嫌なので通りに面していて中が丸見えの美容院や、男性が多い美容院には行く事がありません。
そもそもカットも結ぶことが前提なので、そんなちゃんとした美容室に行く必要はないと思うのですが、カラーもしたいので1,000円カットにはいけないのがまた悔しいです。
また、髪型はお団子の位置が違うくらいでいつも同じ髪型しか出来ないことがすごい悲しいです。
前髪もオンザ眉などしてみたいのですが、もちろん叶いません。

工場でアルバイトをしていたことがあったのですが、その時は食品を扱っていたので必ず白い帽子をかぶらないといけませんでした。その時、私の剛毛はきちんと収まりきらず・・アルバイトのたびに大変な思いをしていましたね。

家でゆっくりと時間をかけて帽子を被ればそれなりに落ち着けることができていたのですが、家から白い帽子を被っていくのなんて恥ずかしすぎます。

アルバイト先でゆっくりしようとしてもアルバイトの方が結構いたので鏡の前はいつも混み合っていたんです。なので私一人が占領するわけにもいかず。。。いつも大変な思いをしていましたね。そのこともあってその工場ではそう長くは働きませんでした。。。時給はそれなりによかったんですけどね”(-””-)”
明るめのカラーに、前髪長めで常に後ろにひっつめるというスタイルしか出来ないため、年とったり、病気になって入院とかなったらどうすればいいんだろう、と今から悩んでいます。

お菓子代ほどムダなものはない

私の生活で一番無駄なのは、お菓子代です。
たいして栄養のない、虫歯になるだけのお菓子。
買ってくるのは私です。
私は甘いお菓子が大好きで、毎日、夕飯の支度を買いにいくついでに、お菓子も買ってきてしまいます。
チョコレート、ビスケット、ポテトチップス、夏にはアイスクリーム、冬にはたいやきなど。

当たり前ですが、甘いものを食べると太ってしまいます。
体重が増えてくると「わあ大変」と大慌てでダイエットを始めます。
無理して痩せるくらいなら最初から食べなければいいのに、本当に、こんなに無駄なものはないくらいです。

金銭的には、駄菓子ですから数十円から2,3百円までのものですが、それでも毎日のことです。
塵も積もれば山となり、毎月の家計を圧迫すらしています。
月末になるとしょっちゅう「何にこんなにお金を使ってしまったんだろう」と首をかしげるのですが、よく考えてみると毎日のお菓子の積み重ねが原因なのです。

そこまでわかっているのに、やめられません。
仕事をして疲れてくると甘いものが欲しくなります。
コーヒーのおともに甘いものが欲しくなります。
夜中に小腹がすいてくるとちょっとつまみたくなるんです。
我慢をするとイライラして、また買ってきてしまいます。
チョコレート依存症じゃないかと友達には疑われています。

我が家には余裕がなく、無駄なお金は一銭も使いたくない、はずです。
頭ではそう思っています。

金ないってわかっているのにどうしても買い物に行けば、お菓子売り場に自然と行っちゃってます・・・毎月赤字ぎりぎりのところで生活をしていて、今大きな出費ができたらどうしよう…って不安な中生活しているのに・・・わかっているんですけどね・・・
なんとかして無駄なお菓子を買わずにすめば、家計のやりくりはものすごく楽になるはずなのにと、思わずにはいられません。

学生時代は貧乏でもなんとか生きてこれました。

学生の頃、毎月の生活費で困ったことがあります。

その時は親からの仕送りをもらっていたので、毎月3万円のお金をもらっていました。
毎月3万円では今よりもっと厳しい生活をしないといけない状況だったので、よく耐えたと思いますね。

一つあの時に気が付かなかったのは、タバコを吸うことをカッコいいと思っていたことですね。
タバコを辞めれば毎月1万円のお金が浮いてきます。
もったいないお金を使うことが、あの時はそう思わなかったこと自分に、情けなさを感じますね。

あの時は、仕送りが入るといつもお米を一番に買うようにしていました。
お米があれば飢えはしのげるので、毎月の一番初めは米から始まるのでした。

スーパーの安売りを活用するのは当たり前で、夕方6時は主婦にまみれて一緒に割引のシールが貼ってあるものを、買っていましたね。

もう一つ活用していたのが、パン屋にパンのミミを1袋を10円で買うようにして、食いつないでいた時期を思い出しますね。

パン屋も要らないものなので10円で売っていたのでしょうが、本当にあの時はありがたいサービスでしたね。

200円で売っていた袋のかつ丼が懐かしいですね。
学生時代の一番の贅沢品だったように感じます。貧乏でしたが、本当に楽しかったですね。

大学2年生からは、バイトも始めてだいぶお金に楽な生活が送れるようになりました。欲しい物も買えるようになったし、友達ともよく遊びに行っていましたね。

しかし、時にハメを外しすぎてしまい、お金を使いすぎて後悔してしまったこともありました。

給料日の三日後には給料すべてを使い果たしてしまうなんて事もありましたからね。

そんな時は当然生活費も足らなくなるので、学生向けローンでお金を借りる事もありました。

若かった分、お金の使い方もよく分かっていなかったんですよね(*_*)今となっては懐かしい思い出ですね。

絵に描いたような貧乏学生です

どうも、貧乏学生の健也です。

貧乏学生の代表といっても過言ではないぐらい貧乏な生活を送っています。

築35年、木造のワンルームアパート、風呂なし。家賃は2万5千円。

いかにもって感じでしょ?

僕にとっての風呂はもちろん台所の流しです。月に数回、余裕がある時だけ銭湯に行っていますが、基本は流しで体を拭く程度です。

そうです、汚いです。。。でも、お金がないから仕方ないんですよね。。。

今は我慢して、将来困らないように頑張るしかないですよね!